<< どうでしょ?? | main | 文学少女の、夏。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

チョコレート工場の秘密

メルヘン本を読んでみました♪
ロアルド・ダール作の「チョコレート工場の秘密」。
挿絵が最高に可愛いです。

ビックリするほど貧しいけれど心優しい男の子☆な主人公チャーリーが、
憧れのウィリーワンカのチョコレート工場見学ができる幸運のチケットを手に入れて、
他の子供たちと一緒に秘密の工場の中に足を踏み入れることになるんだけど、
そこで待ち受けていたものは・・・みたいな話。

これまた映画化で、9月公開予定!!
工場長のウィリーワンカはジョニーデップなんだって☆★
そんでもってチャーリーはネバーランド(ジョニーデップ主演)に出てた男の子。
この子がまた可愛いんだぁ〜。

とにかくメルヘン大好きーなあたしにはたまらない作品だった。
特に工場の中のお菓子たくさん出てくるところね。
例えば工場内にある川にはチョコレートが流れてたり、
「学校の蛇口ひねったらコーラ出てきたら良いよねー♪」的な発想。
すべての設定に夢があって、遊び心があって、本当メルヘン!!
で、わがままな子供たちへの教訓とか警告?な部分もちゃぁんとあったりして。
考えようによってはちょっと怖いんだけど、
次は何があるんだろう?どうなっちゃうんだろう??
ってわくわくしながら読めた☆★

秋の映画の公開が本っ当に楽しみ!!
本って映像じゃないことの良さや、
自分で何もかも想像できることの楽しさってのがあるから
映画とかみたいに映像化するのって良し悪しかなり分かれると思うけど、
監督ティムバートンだし、HP見てもロアルドダールの世界観出てる感じだし、
これは期待しちゃっていいのかも!
いや、期待しちゃうよ!!
yuko * Book * 23:25 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:25 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ